Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

すべてはこの夜に

『すべてはこの夜に』
 
1984年、佐野元春さんが
「ジュリーの為に」
書き下ろした曲だ。
 
ジュリーサイドから楽曲の発注を受けた
当時の若き佐野さんのエピソードとして、
””沢田研二の曲を全て聴いた上で書いた””
と、あるが、多分、いつもの嘘だ。
 
どうしてあの人は、
あんな街の聖者みたいなクールな顔で、
至極真っ当なコトを話している体で、
悪気なく嘘を吐くのだろう。
 
『ライブ中は物凄く動きまわるから
 ステージのあちこちに
 エネルギー補給用のバナナが置いてある』
 
だの、
 
女性に云われて一番傷ついた言葉は?
と問われて、
『早く家に帰りなさい』
 
だの、
 
好きな食べ物は?と問われて、
『ポテトサラダ』
『ライブが終わってホテルに戻ると
 大体ポテトサラダが用意されてるから
 そう思うようにしている』
 
だの、
 
好きな食べ物は?part-2
『レンコンチップス』
 
だの、絶対、嘘だ。
 
で、
『すべてはこの夜に』、その後に
吉川晃司のシングル曲となるのだが、
僕の当時の記憶において吉川くんは
♪ だきしめてこっしぃいー ♪
と歌っていたと保存されていたのだが、
改めて聴き直してみると、
普通に、
♪ 抱きしめて欲っしいー ♪
と歌っていた。
 
記憶のウソである。
 
 
ジュリー版の編曲は、井上鑑さん。
吉川くん版の編曲は、
ジュリー版で鍵盤を弾いていた西平彰さん。
西平さんの版の方がギターが利いてて
( ↑↑ 鍵盤弾きなのに…)好きだ。


ハッピーエンド