Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

楽々人生

ある愚か者の場合

缶コーヒーのCMの後ろの曲、 「あ、佐野さん?」 と一瞬だけ思ったがドゥービー。 何かブラズーレやわぁ。 ん?缶コーヒーちゃうやん、 ペットボトルコーヒー? 何かズラズーレやなぁ。

僕らの合言葉

音楽活動が結構な長期に亘って停滞していた時期があった。 まぁ、振り返ってみればず~っとそうじゃん、って、まぁ、そんなもんなんだけれど。 30歳位の頃だったのだろうか?バンドのベースが固定しないまま目先のライブブッキング予定を遂に立てられなくな…

Happiness Is A Warm Gun

ビートルズのファンだ、と云う人間と話をしていた。 めちゃくちゃ好きでめちゃくちゃ聴いてた、と云う。 僕も大好きだが、ファンと云える程ではない。なんせ、曲名が云えない曲がほとんどだ。 数年前にアルバム『Yellow Submarine』を聴いて、「うわっ!B面…

がんばれ weekday

がんばれないよ weAk dayS

そのうち消されちゃうんだろうな 守ろう著作権 キムおう受信料 がんばれweekday 作詞:貝塚智子 / 作曲:近藤研二 / 歌:tomoko https://youtu.be/woGvBWgUrW8

ハナノユメ

チャットモンチーが聴きたくなって、 でも、CDもDVDも 引っ越しの段ボールに入れっぱなしで 押入れにしまったままだから、 動画サイトで検索して視聴。 守ろう!著作権! 鉄壁の3ピースから ドラムが抜けて二人になって 二人で続けて続けて 一昨年くらいに解…

シミズさんは今頃何をしているのだろう

添田くんのお誕生日用に 慌てて急ごしらえで曲を書いて、 贈った後に改めて作り直したら、 急ごしらえの方が良かった。 だけど、 作っちゃったモノは没にはしない、 と云う、情けなさ。 ボツにしなさいよ。 えっ!? 清水さん今年で37歳!? おっちゃんも年…

僕にまかせてください / クラフト

先日、 山口百恵さんの最後のコンサート をテレビで観ていた。 1980年の映像だと云う。 オソロしいコトに気が付いた。 「秋桜」を書いた時、 さだまさしさんはまだ20代やないか。 ♪ それはまださださんが ♪ ♪ ナチュラルヘアだった頃 ♪ 僕のナンバー/谷川和…

Newest Model の疫病を前にした陰気なサザエボン

厚生労働省のコロナ対策ポスター。 フリーダイヤル『0120-565653』って、『コロコロコーサン』? 『56』は、 『コロナ』にかけているのか、『厚労省』にかけているのか…。 コロナ専門のフリーダイヤルではなさそうやから後者なんやろな。 ほな、『53』は一体…

1999/タイムトラベル

知らない町で 新しい生活を始めた。 昔のピンナップはみんな 壁から外して捨ててしまった。 本とCDが詰まった 沢山の段ボール箱は 開けずにそのまま クローゼットにしまった。 落ち着いたら 未着手の本とCDは探そう、 なんて思っていたけど、 どうなるんだろ…

おんな港町

八代亜紀さんの 「おんな港町」 が無性に聴きたくなって、 YouTubeで検索した。 あった。 ん? もう、完全に ファーストサマーウィカちゃん やないか。

ペニマン

♪ Good Golly, Miss Molly ♪ が聴きたくなって、 YouTubeで検索して聴いた。 その週に彼が亡くなった。 リトルリチャード御大、 享年87歳だと云う。 ネットニュースを辿っていて 分かったコト。 彼の本名は リチャード・ウェイン・ペニマン。 誰も知らないコ…

伊藤紗莉には手を出そう

『映像研には手を出すな!』 のオープニング曲が 超カッチョいいではないか。 何でヒップホップで メインリフがスライドギターやねん。 それ、サンプリング? オリジナル?どっち? どっちにしろカッチョいいねんけどな。 アーティスト名は『chelmico』 楽曲…

ドゲンジャーズ

さて、ドゲンジャーズ、である。 福岡のご当地ヒーロー、 ではない、 否、ではあるのだが、 実際に「戦隊ヒーロー番組」として 地上波で放送されているのである。 何がスゴい、って、 ボディスーツに スポンサー名が入っている、 って、何て斬新。 やるな、…

地球生まれのエイリアン

40過ぎて友達になった 同い年の男性が よく口にしてた言葉。 「若い時は、 ってか最近までやけど、 自分以外はみーんな敵や、 って思ってた。」 「谷川さんもそう思てた側やろ?」 僕には、正直なトコロ、 それはよく分からなかった。 『自分以外はみんな敵…

ミュージシャン

ほんの数年前まで、 「プロなん?アマチュアなん?」 と、問われれば、何の迷いもなく、 「プロです」 と即答していた。 で、ほんの2年程前か? 即答出来ない自分に気付いた。 会社勤めでの収入が 勿論、当然、主収入乍らも、 20代の後半位から 細く細~く …

生活のバラード

東京のライブハウス、 大きな店、そうでもない店、 数える程、いくつか行った。 トイレで用を足し乍ら、 壁に雑に貼られたチラシや スケジュールを眺めては、 いつも思うワケだ。 あ、このヒト、 この店、出てはんねや、 まだ、やってはってんなー、 頑張っ…

佐野元春 64歳の誕生日の夜に~When I'm Sixty Four~

2020.03.13.fri. 東京での、多分、当面、最後となる、 弾き語りのライブをした。 covid-19禍の中、賛否はあるが。 そんなさなか、 長崎の高校時代の友人で 東京に暮らしているMくんも 来てくれた。 勿論、単純に観に来てくれた のもあるのだろうけれども、 …

頬に夜の灯

夜中のテレビのコマーシャルの バックミュージックに、 突然の、吉田美奈子さんの歌、 『頬に夜の灯』! 不意打ち過ぎて、 ちょっとだけ (ちょっとだけやで)、 涙出そうになった (そうになっただけやで)。 住友不動産、オソルベシ。 なんでこの時期にこ…

ピクニック at ハンギング・ロック

『ピクニック』と云う楽曲、 多くの日本人が、幼い頃、 口ずさんだ覚えがあると思う。 タイトルでは ぴんと来ない方も多いかも知れない。 僕もこんなタイトルだとは 思ってもみなかった。 ♪ おかーをこーえーゆこーよー ♪ ♪ くちーぶえーふきつーつー ♪ であ…

SUPERMARKET FANTASY

好きでもない曲が、 むしろちょっと苦手な曲が、 大抵はある一定の部分のみで、 延々と脳内で再生される、 脳内ループ。 昨日のコトだ。 唐突に、この音楽が 「脳内ループ」となり 残りの一日を棒に振った。 ぐるぐるぐるぐる、 バターになりそうだよ。 ※「N…

ソレハキノフレタ非日常ノ中ニ

非日常の中での日常が続いている。 相変らず、僕は、 一日の大半、概ね8割方は おっぱいと清水さんのコトばかりを 考えて過ごしている。 残りの2割弱位の部分では お世話になったお店さんやら デザイナーさんやら 個人事業主さん達やら のコトを思っている。…

出世払いのうた

生田斗真くん主演の今冬のテレビドラマ番組。 少し気になりつつも全然見ていなかったのだが『次で最終回です!』と云う宣伝映像でたまたま以下のシーンを見掛けた。 『父親が母親の財布から小銭をくすねる』と云う内容の父自作ソングを、母親の実の娘と義父…

クリアアサヒ贅沢ゼロ

僕の大好きなミュージシャンが還暦を機に??グルテンフリーによる健康管理で(ビールのCMに出てる最中なのに)モノの見事に痩せた。 若くなくなって以降から目立って来ていた大きな涙袋もすっかりなくなった。 若返った。カッコいい。 ん?これこれ、佐野さ…

前川清とレディオヘッド

2・3年前に音源を紹介したのだけれど作者本人による動画を昨日発見。超!素晴らしい!天才や。 前川清とレディオヘッド そして、神戸 (クリープ・ミックス) mixed by KM_BONELAB ↑ ↑ 動画 和声的には無理の感じられる箇所はあるも前川さんの歌に、声にそれを…

自宅警備DJ

「The Lovin' Spoonful / Summer In The City」 ねぇ 吉井くんスプーン一杯分の愛 なのか?スプーン目一杯の愛 なのだ 「The Association / Windy」 風街浪漫 「The Style Council / Walls Come Tumbling Down」 ジェリコの戦い 「The Style Council / Inter…

穀物の雨が降る

谷山浩子さんの楽曲に『穀物の雨が降る』と云う曲がある。 特に気にも留まるコトもなく、1986年以来、30年以上も聴き流していたが、ふと、思い当たった。 季節を表す言葉、『穀雨』からイメージしたのだな。 そうだ。絶対にそうだ。字だけを見れば、『穀』の…

サーチライト

小泉今日子 嬢は アイドルとは『なる』モノではなく『やる』モノだ と云うコトを発明した。

蒼ざめたハイウェイ

米国のロックバンド、チープ・トリック / Cheap Trickのベスト盤CDを聴いていた。 『今夜は帰さない / Clock Strikes Ten』(Rick Nielsen / 1977)は、イントロのチャイムで有名な曲だ。 ♪ Clock strikes ten it's a Saturday night ♪と、ロビン・ザンダー…

バンディットQもしくはアイオー

サウンドトラックCDを持ってて本編は見ていなかった音楽映画を見た。女囚が組んだロックバンドのお話し。 タイトルは『バンディッツ / bandits』。 サウンドトラック、以前に聴いていた印象は、何だかまぁロックではあるものの全体としてはウェットでマイナ…