Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

なごり雪 もしくは けいきゅん

引っ越しの当日は雪だった。 3月29日の神奈川で、である。 嫌がらせか? 雪の中、 引っ越し業者さんの御陰様で 大量の荷物の搬出を終え、 不動産屋さんの部屋点検も受け、 夜は川崎のホテルで一泊。 翌日に移動。 福岡までは飛行機だ。 羽田空港までの京…

丸の内マゾヒスティック

東京を離れるコトになった。 住んでいたのはカワサキであるのだが、 まぁ九州に行くのだからして、 東京からは離れるのには間違いない。 都心近くに、 丸2年住み、生活し、全然、 東京っぽいコトも 横浜っぽいコトも 経験せぬまま離れて行く。 口惜しいので …

佐野元春 64歳の誕生日の夜に~When I'm Sixty Four~

2020.03.13.fri. 東京での、多分、当面、最後となる、 弾き語りのライブをした。 covid-19禍の中、賛否はあるが。 そんなさなか、 長崎の高校時代の友人で 東京に暮らしているMくんも 来てくれた。 勿論、単純に観に来てくれた のもあるのだろうけれども、 …

浮気なぼくら

テレビ番組で 『こんな男は浮気はしない』 について特集をしていた。 その一例として、 『財布にレシートを 沢山しまっている男』 と、云うのが挙げられていたが、 そんなこたーない。 するヤツおるで。 わしは知っている。 ♪ いいかい? ♪ オトコはどんなと…

自転車操業者

最近の自転車のライト、 かなり眩しいんやけど、 大丈夫か? 夜に、幅の狭い歩道で 進行方向側から来られると、 (自転車は車道を走りましょう) 正面からハイビーム状態で 目の逸らしようがないから 何も見えなくなるし、 困っちゃうんだけれど。 ちょっと…

先廻りするムダ、或いは、無駄な先廻り

自転車通勤をしている。 職場近くの公営駐輪場に駐める。 よっぽどの残業でもなければ(ない) 一日100円の駐輪場である。 精算の時にいちいち 背負っているリュックサックから 財布を出すのがメンドクサイので ズボンのポケットに予め 100円玉を一枚入れて…

盗撮日記

盗撮日記 part-1 勤務先の近くに どこか工場か何かの就労先への シャトルバスの乗り場がある。 「停留所」と云うワケではなく 大きな道路の路肩でピックアップ して行くだけのスポットだ。 並んでいるのは ほとんどが外国人労働者である。 僕は心の中で 「人…

頬に夜の灯

夜中のテレビのコマーシャルの バックミュージックに、 突然の、吉田美奈子さんの歌、 『頬に夜の灯』! 不意打ち過ぎて、 ちょっとだけ (ちょっとだけやで)、 涙出そうになった (そうになっただけやで)。 住友不動産、オソルベシ。 なんでこの時期にこ…

えんきん

大型の新刊書店勤務時代のコトだ。 「ネンキンの本、どこですか?」 と、お客様に問われた。 すぐに案内した。 「違う」と云われた。 「年金」かと思いきや、 なんと「粘菌」であった。 案内し直したが、 あまりにもジャンルが違い過ぎ、 遠い遠い案内の道程…

ピクニック at ハンギング・ロック

『ピクニック』と云う楽曲、 多くの日本人が、幼い頃、 口ずさんだ覚えがあると思う。 タイトルでは ぴんと来ない方も多いかも知れない。 僕もこんなタイトルだとは 思ってもみなかった。 ♪ おかーをこーえーゆこーよー ♪ ♪ くちーぶえーふきつーつー ♪ であ…

SUPERMARKET FANTASY

好きでもない曲が、 むしろちょっと苦手な曲が、 大抵はある一定の部分のみで、 延々と脳内で再生される、 脳内ループ。 昨日のコトだ。 唐突に、この音楽が 「脳内ループ」となり 残りの一日を棒に振った。 ぐるぐるぐるぐる、 バターになりそうだよ。 ※「N…

ソレハキノフレタ非日常ノ中ニ

非日常の中での日常が続いている。 相変らず、僕は、 一日の大半、概ね8割方は おっぱいと清水さんのコトばかりを 考えて過ごしている。 残りの2割弱位の部分では お世話になったお店さんやら デザイナーさんやら 個人事業主さん達やら のコトを思っている。…

出世払いのうた

生田斗真くん主演の今冬のテレビドラマ番組。 少し気になりつつも全然見ていなかったのだが『次で最終回です!』と云う宣伝映像でたまたま以下のシーンを見掛けた。 『父親が母親の財布から小銭をくすねる』と云う内容の父自作ソングを、母親の実の娘と義父…

クリアアサヒ贅沢ゼロ

僕の大好きなミュージシャンが還暦を機に??グルテンフリーによる健康管理で(ビールのCMに出てる最中なのに)モノの見事に痩せた。 若くなくなって以降から目立って来ていた大きな涙袋もすっかりなくなった。 若返った。カッコいい。 ん?これこれ、佐野さ…

前川清とレディオヘッド

2・3年前に音源を紹介したのだけれど作者本人による動画を昨日発見。超!素晴らしい!天才や。 前川清とレディオヘッド そして、神戸 (クリープ・ミックス) mixed by KM_BONELAB ↑ ↑ 動画 和声的には無理の感じられる箇所はあるも前川さんの歌に、声にそれを…

父と母

新たな、父の「母を甘やかしエピソード」が聞けた。 まだ付き合い始めの頃だそうだ。 当時、出始めた頃の(と、母は云う)折り畳み傘を、母が適当にくるくるっと丸めると、父は黙ってそれを手に取り、綺麗に畳み直したそうだ。 「アタシには優しかったもんね…

ダイソン

同居人が親戚の方からダイソンの掃除機を頂いて来た。 ずっと使っていた僕の電気掃除機はもう随分とくたびれていたので世代交代となった。 ダイソン、あの、ダイソン、あの、ダイソンの掃除機、である。 なんだよ、バランス悪くて取り回しがしにくいじゃねぇ…

水着しげる

温水プールに通っている。 水着が傷んで来たので、先日、新しいのを買った。 消耗品であるコトを理解して以降、高いメーカーのは買わなくなった。 今回もネットで安いのを買ったのだがなかなか悪くない。 塩素から水着を出来るだけ守る為の洗濯・乾燥の注意…

タイガー

同居人が親戚の方から炊飯器を頂いて来た。 ずっと使っていた僕の炊飯器はもう随分とくたびれていたので世代交代となった。 最近の安物とは違い、しっかりどっしりとした厚釜の、なかなかいいヤツだ。 特筆すべきは『早炊き』の機能で、ホントに早い。 あっ…

保安検査場にてダバダ

年末、飛行機にて帰省。空港の保安検査場でのコトである。 何にもないはずなのに金属探知機は異常を知らせる。 何や?ベルトか?腰痛用コルセットか? 服の上からではあるが全身に探知機を当てて原因を探られる。 異常音は度々鳴る。 結果、ものの一分程で無…

名前をつけてあげる

だーれも『COVIT-19』なんて呼んでへんやないか何の為に名前つけたんや

自宅警備DJ

「The Lovin' Spoonful / Summer In The City」 ねぇ 吉井くんスプーン一杯分の愛 なのか?スプーン目一杯の愛 なのだ 「The Association / Windy」 風街浪漫 「The Style Council / Walls Come Tumbling Down」 ジェリコの戦い 「The Style Council / Inter…

穀物の雨が降る

谷山浩子さんの楽曲に『穀物の雨が降る』と云う曲がある。 特に気にも留まるコトもなく、1986年以来、30年以上も聴き流していたが、ふと、思い当たった。 季節を表す言葉、『穀雨』からイメージしたのだな。 そうだ。絶対にそうだ。字だけを見れば、『穀』の…

宇宙からの色

宇宙人からのナゾ光線でヒトが溶かされていた……。 油断禁物。

サーチライト

小泉今日子 嬢は アイドルとは『なる』モノではなく『やる』モノだ と云うコトを発明した。

父とステレオと私

あれは、中学生の頃であったか。僕の反抗期は既に始まっていた頃の話しだった、ように思う。 意味の感じられないルールばかりで横暴な大人が幅を利かせている学校と云う集団生活への不満や怒り。 テレビのニュースから知らされる世の偽善や不正やなんかを見…

蒼ざめたハイウェイ

米国のロックバンド、チープ・トリック / Cheap Trickのベスト盤CDを聴いていた。 『今夜は帰さない / Clock Strikes Ten』(Rick Nielsen / 1977)は、イントロのチャイムで有名な曲だ。 ♪ Clock strikes ten it's a Saturday night ♪と、ロビン・ザンダー…

バンディットQもしくはアイオー

サウンドトラックCDを持ってて本編は見ていなかった音楽映画を見た。女囚が組んだロックバンドのお話し。 タイトルは『バンディッツ / bandits』。 サウンドトラック、以前に聴いていた印象は、何だかまぁロックではあるものの全体としてはウェットでマイナ…

マネー・チェンジズ・エヴリシング

マネー・チェンジズ・エヴリシング、1985年のシンディ・ローパー。 マドンナよりはシンディ、マイケルよりはプリンス、であった僕である。 勿論、当然、失礼乍ら、 当初、プリンスは見た目で無理だった。 でも『パレード』でやられて、『サイン・オブ・ザ・タイ…

すべてはこの夜に

『すべてはこの夜に』 1984年、佐野元春さんが「ジュリーの為に」書き下ろした曲だ。 ジュリーサイドから楽曲の発注を受けた当時の若き佐野さんのエピソードとして、””沢田研二の曲を全て聴いた上で書いた””と、あるが、多分、いつもの嘘だ。 どうしてあの人…