Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

僕らの合言葉

音楽活動が
結構な長期に亘って
停滞していた時期があった。
 
まぁ、振り返ってみれば
ず~っとそうじゃん、って、
まぁ、そんなもんなんだけれど。
 
30歳位の頃だったのだろうか?
バンドのベースが固定しないまま
目先のライブブッキング予定を
遂に立てられなくなったり、
金を稼ぐ為の仕事に追われていたり、
と、割りと物理的な要因で、
音楽活動の身動きが取れなかった時期。
 
そんな時に友人が云ってくれた。
 
シカオちゃんがね
 『そんな時は
  そうじゃない時が来た時に
  自由に動けるように
  金とか貯めときゃいいのさ』
 みたいなコトを云ってたよ」
 
多分、そんな内容だった、多分。
伝聞の上に、
記憶の中での意訳、も上塗りされて、
スガ氏の発言とは異なるかも知れない。
 
だから、この言葉は、もはや
シカオちゃんじゃなくって
その友人の言葉なんだけれども。
 
その言葉で、
その後の何年かの
お金の為の仕事を続けられたし、
音楽を続けられたし、
今、がある。
 
使うヒマすらなく貯まったお金は
その後に随分と役に立ったのだ。
そう、ホント、随分と。
 
 
♪ Save It for a Sunny Day ♪
 
 
Covid-19の混乱は続いており
まだまだ東京やイロんなトコへ
演奏をしに行けるような
状況ではないけれども、
今はただそのタイミングじゃない、
ってだけのコトだから、
そう、そんな時は
その日の為に力を貯えておけばいい。
 
そう、合言葉は
♪ Save It for a Sunny Day ♪
そう誰かが唄っている。
 
ストレスは溜まるばかりだけれど、
今は、そう、
♪ Save It for a Sunny Day ♪
 
 

 
「僕らの合言葉 / 詞・曲:つじあやの
 
 
勿論、お金は使うのも必要。
廻れよ、経済。