Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

バンドと云う生き物

いきものがかり」さん
活動休止 と 知らせが届く

楽曲は
素晴らしいのであろうが
個人的には
心を動かされたり
琴の音が震えたコトはない

まったく
一度も

しかし
にも関わらず

ボーカルとギターとギター
と云う
歪な構成のグループなのに
と云う印象もあるのに

それぞれの役割分担
を強く自覚しているのであろう
と云う印象から
妙に「バンド感」は
勝手に感じていたりもして
勿論 ソコに
「プロ意識」
も含めての話である

だからこそ
「活動休止」の知らせは
意外で衝撃的であったし
そして その中身
「解散」ではなく
あくまでも
「活動休止」であるのだ
と云う趣旨に
安心もしてしまった
そんな自分自身の反応が
実に意外で衝撃的であった

まぁ
そのまんま
有耶無耶に解散なんてのも
よくある話なのだけれど