読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

サイン・オブ・ザ・タイムス

楽々人生

46歳9ヶ月の或る日、僕は見つける。

ノストラダムスの季節はとうに過ぎ、
近眼の人間はならないと信じていた老眼はどんどんと進み、
届く知らせは、訃報の方が多くなって来た。

大人になってからは、むしろ目立たなくなったが、
中高生の頃から、白髪はかなり多い方だった。

鼻の穴の中に白髪をみつけたのは、
(「髪」ではないが)
40代に入る前後頃であったか?
明確な時期は覚えていないが、
なかなか相当に衝撃的な出来事であった。

髭も剃ってしまえば分からないが、
最近では白いモノはかなり増えて来ている。

此処まで書けば、
次に何の話が出て来るか、
想像がついている方も少なくなかろうが、
そう。

先日、ついに、
「下」の毛に、「白」を、発見してしまったのである。

全面的な白髪ではなく、
黒の先端の数mm程度が白くなっているだけの、
セミ白髪であったが、
(苦しい云い訳でしかないとアナタは云うだろう)
紛れもない、白髪、であった。

年齢的には、
同年代の人間の話しを聞いていた限り、
別に、全く、遅くはないとは思うし、
むしろ、遅すぎるかも知れないが、
それでも、
「あー、とうとう、来たかー」、と、思った。

これから、僕の体は、
どんな黄昏時の記しを出してくるのだろう。

君を連れて行く。

 

f:id:TinyGarden:20160511144429p:plain

f:id:TinyGarden:20160511144418p:plain

f:id:TinyGarden:20160511144450p:plain