読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

プラネタリウムのふたごと宇宙クジラ

日々是好日

現在の僕の生活リズムの中では、
一冊の小説を読み通すと云う作業は、
なかなかに時間が掛かってしまう。

そんな訳ゃなかろう、
なんて声もあるだろうが、
個人的には、そんな現状である。

プラネタリウムのふたご」、読了。
講談社文庫/いしいしんじ

ここ最近のお気に入りの作家さん、
である、いしいしんじさんの物語、
は、そんなブツ切リの読書の中、
その度、その都度、
そちらの世界へ、瞬時に、
僕を導き、誘(いざな)い、
観客に、時には仲間に、してくれた。

※この下の十行、本文より編集の上、引用※
 いいかい、<中略>
 ただ、<中略>あんたにしかできないってことも、
 ほんの少しくらいならある。<中略>
 あたしだってね、あんたと同じように、
 結局、自分にできることしかできやしない。
 ただ大事なのは、その仕事だけは、
 ぜったいに手をぬかずやりとおすことだよ。
 いってごらん、
 あんたの就いてるたったいまの仕事は、
 いったいなんだね?
 
たんぽぽ娘」、読了。
河出書房新社/ロバート・F・ヤング

短編小説集なので、
ブツ切りにはならず、一篇ずつ読み進んだ、
海外SF小説の日本語翻訳独特の読みにくさも含め、
心地好いロマンティック。

次は「ヒトデの星」(河出書房新社/北野勇作)、
「自分の中に毒を持て」(青春文庫/岡本太郎)寄贈by轟駿画伯。

いや、しかし、
いしいしんじ、すげーわ!