Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

春節祭

市役所前で降りる / 坂を下る / 平和の鳩の余剰分はキタチョへ

f:id:TinyGarden:20180220210042j:plain

f:id:TinyGarden:20180220210046j:plain

f:id:TinyGarden:20180220210053j:plain

特急かもめ

博多みれん / ほんの一瞬で猛吹雪 / そして佐賀 / 終着駅

f:id:TinyGarden:20180220205532j:plain

f:id:TinyGarden:20180220205547j:plain

f:id:TinyGarden:20180220205548j:plain

f:id:TinyGarden:20180220205559j:plain

謝豆祭

チョコレートを発明したヒトには
何か賞をあげた方がいい
とは長年思っていたけど
 
 
コーヒーのあの豆を
一体 誰が
煎って
潰して
濾して
飲もう
なんて思ったんだろう
 
 
感謝
 
 
ウニを最初に食べよう
と思ったヒトもすごいけどね

スパゲッテイブルース

♪ 誰が何を信じていてもカマわない
 
 
開放的 な 都会 の 夏
果てしなく ステキな 女のコ達
惜しげもなく 露出された 魅力的な脚
 
虫刺されの痕
は 何だか とても 切ない
 
そんな真夏の午後
高い空
 
 
♪ 溜め息ばかり疼いている
♪ 嘆いてばかりいられない
♪ ©佐野元春

サマー・タイム・ブルース

梅田新道の交差点で
鳩が一斉に大量に
わさ~っと飛び立って
わさ~っと空を舞ってて
「『ロートのハト』か!」
って思って
「『ロートのハト』って
 誰が分かるねん!」
って自分に突っ込んで
 
そんな真夏の午後
高い空

ぬっくぬっくこんばんは

或る晴れた冬の日
 
布団のシーツやら
枕カバーやらを
洗濯しまくって
敷布団と掛布団には
布団乾燥機をかける
 
夜には
いいにおいのするシーツと
暖かい布団で
幸福に包まれて
眠るんだ
 
何と云う幸福感
イメージの中の幸福
 
結果
 
あまりのぬっく加減に
掛布団を全部剝いじゃって
 
敷布団の上に
冷たくなった骸の如く
横たわっている己れに気付く
真冬の午前4時
 
ミザリー

窮奇

昔、昔、
東成のマンションの自室のトイレで
いつものように座って小用を足していたら、
同居してた猫さんがトコトコと入って来て、
(入って来るので扉は開けてある)
僕の座っている便座の上に飛び乗り、
着地した先にあった僕の男性器の頭を
サクリと爪で裂いたコトがあった。
 
懐かしい思い出である。
 
 
さて、最近、の話で、
カマイタチが出た、のか、と云う話である。
 
カマイタチ。
性別不詳の小動物でもなければ、
ニャンコスターの咬ませ犬でもない。
(数年後に見返した時に分かるだろうか…)
ましてや、ビジュアル系バンドでもない。
 
ふと気が付くと、男性器の左脇腹に、
パックリと裂けた赤い傷が横一本。
横?どっちが横??
 
どーした?
出血もあるが、全く身に覚えはない。
カマイタチなのか?
 
三人一組で、
うーさんがどついて、
もりさんが切りつけ、
タンゴが薬を塗って行ったのか。
 
ベランダで裸で洗濯物を干してた時にか?
イヤ、そんなはずはないやろ。
 
と、一人、性器に薬を塗る50の夜。
 
性器の傷はツラい、リターンズ。
皮膚の衰え、老化なのか。
やるせない。

 

f:id:TinyGarden:20180128160016j:plain

四つのお願い

森尾由美さんのデビュー曲
「お・ね・が・い」のお話し。
 
大好きな曲だったのだが、
改めて聴いてみると、あれだ。
前半部分は
「ラストダンスを私に」
そっくりじゃないか(笑)。
 
そして、歌詞と来たら
「四つのお願い」じゃないか。
放送禁止になるぞ(笑えない)。
 
当時、森尾嬢の歌唱力には
結構な衝撃を受けた記憶があるのだが、
今となっては、こんなもんか、
と受け止めてしまえるのである。
時代の流れ、音楽の多様化のおかげか。
否、それは何か言葉が違う。
 
サビの編曲、やっぱ、好きだなー。
 
 
お・ね・が・い / 森尾由美
作詞:槇村侑 / 作曲:槇村侑 / 編曲:清水信之
1983年5月5日 / PONYCANYON
 
https://youtu.be/fs49FID6KxY


お・ね・が・い / 森尾由美

多摩蘭坂の罪作りの家

インターネット上のニュース
アイドルグループの話題やなんかで
ぼんやり名前は見ていたけども
「欅坂」と「けやき坂」が
別物とは知らなかった
正直 とても 驚いた
 
でも
僕の周囲の友達たちのほとんどは
いまだに知らないのではないか
って 実は 強く 思っている

マツヤ万年筆病院

マツヤ万年筆病院、とは、
長崎の万年筆の専門店である。
 
路面電車の車内広告アナウンスで、
その名前を散々聴き慣れてたから、
今更乍らにも程があるが、 
ネーミング、素晴らしいよね。
プロの仕事の匂いしかしない。
 
ムラマツさん、
ご自慢の一品のお手入れは、
是非、コチラで。
 
 
 
余談。
路面電車の広告と云えば、
数年前、大阪の阪堺電車内にて、
未だに「フェスティバルゲート
の広告が残ったままなのを見たのだが、
現在も残っているのであろうか。
皆様、住吉さんに行かれた際などは、
ご確認、ご一報、お待ちしております。
 
ついでに余談part-2。
顔に生える毛のコトを、
「フェスゲ」と呼んでたっけ。

 

f:id:TinyGarden:20180122214526j:plain