Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ききものがたり

数年前までライブバーをやっていた、
と云う男がこんな話を聞かせてくれた。
 
平日のバー営業日に
こんなお客さんがいたそうだ。
 
 
「僕等の若い時代の音楽はね、
 タクロー、とか、ヨースイ、
 ホント天才ばっかりで、
 僕が自分で作った歌なんか
 とても世間に通用しない、
 って僕は音楽は諦めたんです。」
 
と、語り始める中高年男性。
 
『日本のフォーク』
の黎明期をリアルタイムで
体験された世代の方らしい。
 
語りは続く。
 
 
せやけど、
タクロー、とかが
相手やったら当然ムリやけど、
最近の、今の流行りの、
ワケわからん唄が流行ってるやんか、
こんなん売れるんやったら
オレの書いた唄でもまだイケるわ、
勝負出来るわ、って、思って、
最近、又、ギター引っ張り出して
唄い始めましてん。
 
と、彼は、ハニカミ乍ら(ホンマか?)
オリジナル楽曲を披露したと云う。
 
 
いや、
歌うのは全く完全に自由やけど、
全然、勝負にはならへんよ、
とは、店主は云えなかったそうだ。