Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

グルグル猫<ふたたび>

とある神社に訪れた時のコトだ。
おそらくは2019年。
 
以前に遭遇したグルグル猫さんは
まだお元気にいらっしゃるかと、
お社への階段を登ると、
登り切った狛犬さんの所で
外国人さん達が写真を撮っている。
 
狛犬さんの横で
猫さんがくつろいでいるのを
撮影している模様。
 
あ!
まさかのあの日のキミか?
いや、首輪がないぞ。
 
撮影がヒト段落した様子を見計らい
猫さんに近付いてみる。
 
写真撮影には無関心だった猫さんが
僕が近付くと
起き上がり体を寄せて来る。
 
既に、ギュルギュルギュルギュル、
やはり、あの日のキミやないか。
(笑)
 
撫でてあげようと顔を寄せると、
そのまんま、乗っかって来る。
肩経由、背中着地。
 
ギュルギュルギュルギュル
と唸り乍ら、
背中で落ち着いている。
 
ついさっき迄カメラを向けていた
外国人女性も呆然。
 
再びシャッタータイム。
 
何や?あれから
おっちゃんが来るのん
ずっと待ってたんか?
 
赤い首輪はどないなったんや?
捨てられたんか?
 
2019年頃のお話しであった。

 

f:id:TinyGarden:20210822210924j:plain