Tiny Garden の楽々人生

谷川和久(福岡転入)が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

穀物の雨が降る

谷山浩子さんの楽曲に
穀物の雨が降る』
と云う曲がある。
 
特に気にも留まるコトもなく、
1986年以来、
30年以上も聴き流していたが、
ふと、思い当たった。
 
季節を表す言葉、
穀雨
からイメージしたのだな。
 
そうだ。
絶対にそうだ。
字だけを見れば、
『穀』の『雨』だ。
そのままだ。
 
そこから、何故、
あんなこの世の終わり的な
暗黒のイメージが広がるのか、
は、全くの疑問ではあるが。
 
この曲を
橋本一子さんが編曲していたら、
どんな風になっていたのだろう、
なんて、
考えても仕方がないのだけれど。