Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ムーディー・ブルース

随分と前に、
通っていた学校の校歌が変拍子だった、
と、云う話を書いた。
 
長崎の五島列島福江島
福江市(当時)立緑丘小学校の校歌の話だ。
 
同じく五島列島のとある学校は、
「私達の学校には校歌がありません」
と、ユーミンに校歌を依頼し、
実際に楽曲を作って貰っている。
 
なるほど、きっと、緑丘小学校にも、
校歌がなかった時代があったのだ。
 
それなら、と、
当時の校長だか、町長だか、が、
酒の席か何かで、
徒然なるままに歌った鼻歌メロディを、
校歌にしたのではないだろうか。
 
きっとそうに違いない。
 
迷惑を被ったのは、音楽教師だ。
録音されたカセットテープを渡され、
「伴奏ばつけんね(伴奏をつけなさい)」
と命令されたものの、
4拍子でも3拍子でも割り切れない、
謎の変拍子含みのメロディなのだ。
彼(或いは彼女)は必死に頑張って、
何とか辻褄を合わせたのだ。
 
きっとそうに違いない。
 
こないだ、
帰省の際に卒業アルバムを確認したが、
校歌に作詞者作曲者の記載はなかった。
 
・・・
きっとそうに違いない。
 
 
過去の記憶をほとんど引き出せない僕が、
何故かこの曲は覚えている。
通った他の二つの小学校の校歌も、
中学以降の校歌も覚えていないのに。
 
小学校3年から6年の夏までの、
福江での三年半の間に、
変拍子プログレッシブロックの血が、
注入されたのであった。
 
きっとそうに違いない。
 
 
https://youtu.be/bYU3VXcNmIo


福江市立緑丘小学校校歌