Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

秋告鳥

こんな夢を見た
 
 
何かの音で目覚めると
父親も隣りで目を覚ます
 
慌てた様子で時計を見て
「しまった」と云う顔をしている
目覚まし時計のジリリと云う音が
何処かで小さな音で聞こえている
ソファーの上のどこか
脱いだ衣服に被われ隠され
音を消されているようだ
 
「大丈夫ですか?」
と父に訊くと
「大丈夫」
と応えたんだか頷いたんだか
 
抱えた荷物には
「13時着」と書いてある
時計は12時を指している
多分 大丈夫ではない
 
スーツの上に
見たコトもない綿みたいな
ふわふわっとした素材
それ どこに売ってるん?
と云うよな不思議な色の
小さなダウンジャケットみたいな
上着を着て
父親は出て行った
 
 
そんな夢を見た