読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

せっかち

母のコトを、長い間、
おっとりしたヒトだと思っていた。
 
思春期に家族と距離を取ってしまった、
そのまんまに実家を離れ、
疎遠なまんま四半世紀超。
最近になって、ようやく、
母や家族のコトを知れるようになった。
 
意外なコトに、母は、
せっかち、なヒトであった。
かなりの、である。
 
 
さて、長崎市
 
大阪市内でしか見かけない、
「待ち時間表示」の「歩行者用信号」
が、大阪以上の数(多分)あるのだ。
 
最初の一機は30年以上昔からあった。
それは、きっと、長崎の、
「新しいモノ好き」の気質であろう。
 
しかし、相当数、増えているのだ。
 
さては、長崎、せっかちか?
 
長く大阪に暮らし、
長崎に戻った友人は云う。
 
「大阪とはタイプが違うねんけどな」
と。
 
車の運転では、
イライラさせられる場面が多いらしく、
なんでも、黄色信号だと、
大阪なら「はよ行かな!」となるのが、
長崎では「はよ止まらんば!」となる、
と、云う。
 
そして、車線変更等においては、
しれ~っと、ふんわり、しっかりと、
こっちの進路に入って来やがるらしい。
 
僕自身は、
長崎での車の運転経験はないまま、
電車やバスから眺めているだけでも、
長崎で車の運転は絶対にしたくない、
と、思っていたが、
いや、無理だわ。
 
 
随分と時間がかかったが、
僕は、母が、大好きだ、
と、堂々と、云えるようになった。
 
ありがとう。