読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

Soul Boy(から主に宮本くん)への伝言※再録

<Soul Boy(から主に宮本くん)への伝言>
※2014/9/21アップの記事より再録※

 
そう、「あの日」、きっと、
僕はどうかしてたんだろう。
 
ずっと、長いコト、
僕は、バンドでも、弾き語りでも、
オリジナルの楽曲を演っている。
 
「だから」、と云うのは、
理由としてはオカしいかも知れないが、
誰かのコピーバンドをやるなんて、
カバーならまだしもコピーバンドなんて、
いや、カバーもないかな、
うん、考えてもいなかった。
 
ゆきちさん(ユキチカフェ)のライブに、
お客さまで来てたほぼ初対面の男性から、
佐野元春のコピーバンドに入りませんか」
と云われて、
「はい」、と、
「あの日」の僕は、何故か、即答していた。
 
 
 
そうだよ、アリスン、
ロックンロールは子供の玩具じゃないんだ。
大人にだって、大人にこそ、
恋人にひかれようが、
配偶者に呆れられようが、
大きな声でシャウトして、
肉体的にロックしてロールする、
そんな大人の為のロックンロールが、
いつだって、或いは、時には、必要なんだ。
 
子供たちは、僕が寝かしつけておくから、
世界がキミを擦り減らしてしまう前に、
再び、路上へ。
 
こっち、こいよ(笑)。
 
 
https://youtu.be/2vCAGlEC3bg


名古屋、メモリーポップスで待つ。