Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ゲロンチョン

帰りの電車の中
満員ではないが座れるワケでもない
疲れた一日の終わり
 
近くに立っている女性は
カチっとした服装
仕事帰りなのであろう
歳の頃は30代後半位であろうか
 
スマートフォンの画面を眺めている
 
アニメーションキャラクター
のような二次元の美形男性が
微笑んでいる画像が見える
 
女性の表情には一切出ていないが
疑似恋愛?ゲームを
楽しんでおられるご様子である
 
その様子を見て
少し引いてしまったオノレを
僕は情けなく思いなおす
 
さっきまで オノレもスマートフォン
二次元の猫さんをあつめて
喜んでいたではないか
 
そもそも覗き見からして
よい趣味とは云えまい
 
♪ キミのついたため息なのか
♪ ボクのついたため息だったか
♪ 誰も電車の中わからなくなる
と唄ったのは中島みゆきさん
 
それぞれの似て非なる孤独
それぞれ違う異なる渇望
 
満たされたい
 
渇きと餓え
アワビとクエ
刺し身を喰え
 
この荒地でわたしたちは