読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

タンゴ、タンゴ、タンゴ

タンゴ、の、本当の名前を僕は知らない。

そして、あんなに可愛い野良猫を僕は知らない。
 
居住している賃貸共同住宅の一階駐車場にて、
ビルの管理事務所の人達が野良猫を保護している。
 
そこに、二年前の、と或る冬の日、
新たに加わったのが、タンゴだ。
 
既に成猫と見える彼女は、
他の野良ネコさん達とは全く仲良くなれず、
人間にはがんがんに甘えてくる。
 
管理事務所のヒトによると、
耳にカットはなかったが、
避妊手術は済んでいた、とのコト。
 
つい最近まで飼い猫さんであったのだろう。
一体、何があったのであろう。
 
自由行動の飼い猫かとも疑ったが、
どうやらそうではなさそう。
 
人間への留保なしの甘えっぷり、
手術の件も含め、
きちんとした飼い主さんに、
きちんと愛されて、育って来たのであろう。
 
一体、何があったのであろう。
重ねて、気にはなるが、
その答えは、永久に、謎だ。
 
初めて、「タンゴ」と呼んだ日から、
「にゃー」と返事をしたタンゴ。
 
名前を呼び終わる前から、喰い気味に、
「にゃー」と返事をしたタンゴ。
 
寝ているトコロに近づくと、
振り向き様に、こちらの姿を確認もせずに、
「にゃー」と声も出さずに答えたタンゴ。
 
通りの向こうから、僕の姿を目指して、
お腹を揺らし乍ら駆けて来たタンゴ。
 
僕の太腿に乗っかり、
「寒いねん ぬっくしてくれや」
とコートに頭を突っ込んで来たタンゴ。
 
エレベーターの前まで着いて来て、
「一緒に乗ろか?」と訊いて来たタンゴ。
 
二年目にして、遂に、
他の猫さん達の輪に入ろうとしたタンゴ。
 
僕だけじゃなく、
近所の猫好きさん達の心を鷲掴みにして、
沢山のヒトに可愛がられていた、
会いに行ける野良猫、タンゴ。
 
タンゴ、ニャンニャーガへ発つ。
そこへゆけばどんな夢も叶うと云う。
ぬっくの国、ニャンニャーガ。
 
四年半後に又。

 

f:id:TinyGarden:20160801004004j:plain