読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ハンラーマン

雑居ビルの一室でバーをやっている。
 
或る日の深夜、
店を閉めて帰ろうとドアを開けると、
ビルの廊下、うちの店と隣の店の間に、
上半身はワイシャツ、下半身は裸、
と云う姿の男性が、横たわっていた。
 
辿り着くといつもソコには川が横たわっていた、
そんなうたを唄ったのは、
はて、ブルーススプリングスティーンだったか?
そんなコトはどーでもいいが。
 
ズボンとパンツも遠からず落ちている。
隣りのガールズバーででも呑み過ぎたのか?
裸の下半身は、
見えなさそうで、見える、と云う、チラリズム
そんなサービスはいらん。
 
「お兄ちゃん、だいじょーぶ?」
 
オトコは目を開けてこちらを見たが、
さりとて、応えはない。
 
「とりあえず、服着なはれ。」
と云うと、ズボンを手繰り寄せている。
 
「いや、ズボンより先にパンツ穿こか。
 パンツ、な、こっちが先やな。」
 
その間はむしろ丸出しだ。
かなわんなぁ。
 
うちのお客さんがはけた後の時間帯で良かった。
 
ひとまず服さえ着てくれれば、
まぁいいや。
 
お先に失礼。