Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

坂の町へと

最近、実家に帰ってビックリしたのだが、
近所にスーパーマーケットがなくなっていた。
 
長崎市内は、そりゃ都会に比べりゃ田舎だが、
それ程の田舎でもない。
中心部の商業施設や観光地は、
僕が生活していた時代に比べりゃ、
多分、相当に、都会化している。
 
それでも、生活者のレベルからすると、
住居近くの、スーパーマーケットは勿論、
パン屋、ごはん屋、本屋、なんかが、
すっかりなくなってしまい、
どうにも不便になっているのが現実だ。
 
生活に必要な主なモノは、
生協さんが配達してくれるらしいが、
猫さんのごはんやらトイレの砂やら、
結構かさばるモノを買いに行くには、
バスや電車に乗って出掛けて、
重たい荷物を抱えて、
家まで坂道を登らねばいけないのだ。
勿論、下る、のも、安全とは限らない。
 
年齢を重ねた体にはキツイ。
天命を知る(であろう)年齢目前の僕にもキツイ。
車がないとキツイ。
 
♪ だけどー僕にーはクルーマがーないー ♪
 
母は、ドライバーさんに遠慮しながらも、
タクシーで帰るコトも少なくないそうだ。
インターネットでの買い物を利用してくれれば安心なのだが、
宅配業者の来訪もあまり気持ちの良いモノではないらしく、
「イヤなのよー」
だそうだ。
 
三・四ヶ月かに一度は買い出しする為に帰るコトにした。