読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

カーラは気紛れ

カーラ・ボノフ嬢のレコードを聴いたのは、
当時のギター雑誌で紹介されていたからだ。
 
新進気鋭のシンガーソングライターの2ndアルバム、
「ささやく夜」、1979年のコト。

当時、既に僕を虜にしていた、
リンダ・ロンシュタット」嬢に近いサウンド。
「ザ・西海岸」であった。

まぁ、そりゃ、そーだ。
どうにも、ブレイン、ほとんど、一緒らしい。

ってか、
リンダ嬢がカーラ嬢の楽曲をピックアップしたコトにより、
注目を浴びた、も、同然らしいのだ。

リンダ嬢に関しては、
歌姫、ソングライトをしないシンガー、なのだが、
実に、ソングライターのピックアップが素晴らしかった。
カーラ嬢もそうだし、若きエルビス・コステロもそうだ。

で、僕の中では、
「イッツ・ソー・イージー」も「ならず者」も、
リンダ嬢こそがオリジナルのテイクだ。



中古レコード屋で「ささやく夜」を見つけた。
針飛びがヒドかった。
結果、ネットでCDを購入した。

実に、心地好いアルバム。

 

 


The Water Is Wide(Traditional)with lyrics-Karla Bonoff

 

気分だけで、この曲をピックアップしたけど、
これは彼女の楽曲ではなくトラディッショナル。
アコーディオンはガース・ハドソン(ザ・バンド)。