Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

タンゴのブルース

住んでいる賃貸マンションの一階は、
マンションの管理会社さんの事務所が入っている。

マンション自体は、ペット飼育禁止なのだが、
管理会社さんでは猫さんが飼われている。

実質的には、「保護」である。

駐車場スペース(賃貸ではなく管理会社用)の一部に、
野良猫さん達の寝所・餌場を確保し、
妊婦猫さんや怪我や障害を抱えた猫さん達は、
事務所内で保護している。

見事なモノで、キレイに掃除されており、
匂いなんかも気にならない状態に保たれている。

猫さん達は、
管理会社のヒトにはなついているが、
僕がどんなに毎日挨拶してみたトコロで、
警戒心は失わず、きちんと野良状態だ。

そんな風な安全地帯がある、と、
この界隈の野良さんの口コミでもあるのか、
或る日、急に、新顔の妊婦猫さんが増えていたりする。

さて、またも、新顔が現れた。
黒猫さんである。

最近まで飼い猫さんだったのか、
野良さんのグループには入れずにいて、
通りすがりの僕には甘えて来る。

うーむ、大丈夫か?(イロイロと)、
と、心配していたら、
管理会社の方も、当然、察知されたようで、
野良さんグループとは少し離れたトコロに、
黒猫さん用のスペースを確保してくれていた。
専用段ボールボックス(寝所)と餌場。

優しいヒトらやなー。
早く馴染めたらいいのにねー。
可哀そうに、こんな寒空の時期に野良になってー。
頑張れー。

などと、思っていたら、この黒猫さん、
夜には姿を消しているのだ。

もしや、帰宅しているのではあるまいか。

まさか、プチ家出風か?
盗んだバイクで走り出す気取りか?

あげくに、先日なんざ、
荒れた天候の続いた数日は姿を見せずに、その後、
風雪に耐えたとは思えぬ艶々のキレイな毛並みで登場。
おいおい。

声を掛ければ、すぐに、
「にゃぁ~ん」と、いいお返事。

もはや、疑いの気持ちでしか、キミを見られないよ。

 

f:id:TinyGarden:20160420165724p:plain