Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ありまっす/reprise

あれは、そう、
昨年の4月のとある木曜日の、
23時を回るか回らないか位の時間だったか。
 
土砂降りの雨の中、
一人の女のコが、
僕の店を訪れた。
 
ずぶ濡れのまま、
カバンからカセットテープを取り出し、
「デモテープ、聴いて下さいっ」
と、一言、そのテープを押し付けるかの如く、
彼女は去って行った。
 
音源は、なかなか、かなり、興味深いモノではあったが、
連絡先等の情報は一切なかった。
 
「あります あります エステーエーピー
 だってだって200回 ホントホント200回
 出来たんだもん 作ったんだもん」
 
あれから一年、
彼女の消息はいまだ掴めぬままである。
 


ありまっす!