読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ネズミの国

僕は、以前、ロックバンドのメンバーであった。

20歳前後から30代に入って暫く迄の季節を共に過ごした、
バンド、の、キイボーディスト、笠原くん、来店。

ヤマハハモンドミニムーグ(後期はnord)を操る、
プログレッシブロックを愛する鍵盤弾きであった。

僕にプログレッシブロックを教えてくれたのは、
彼だった。

二歳年上の同級生はもうアラフィフ。
あぁ、僕もか。

彼が、先日、家で、久々に引っ張り出したハモンドは、
すっかり音が出なくなっていたそうだ。
さみしい話だ。

開店の時に返して貰ったギターアンプの裏に、
彼のモノであろうUSBケーブルが入っていたのを、
一年の時を経て、ようやく返却出来た。

彼も去年の冬に行ったディズニーランドのお土産を、
一年の時を経て、持って来てくれた。
お守り、『夢がかないマウスように』
駄洒落か…。

昔は、クールな笠原くんであったが、
「ディズニーランド、あそこは、…夢の国やな」
と、まさかの発言をする大人になっていた。

色んな話をして、帰って行ったが、
出る際に上着掛けから上着を羽織っていたのに、
もう一枚あった?上着を忘れて行っていた。
ついでに、返したUSBケーブルも忘れて行っていた。

慌てて電話をしたら、
「又行くから置いといて~」
って、いつや?
一年後か?

ありがとう。

歌詞に全く興味がない彼が、
僕の唄を積極的に支えてくれたコトは、
今でも、僕の、強い、拠り所だ。

 

f:id:TinyGarden:20160511135553p:plain

f:id:TinyGarden:20160511135602p:plain