読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

水商売

二年程前の、
かれこれ幾度か下書きし続けたまんまの、
下書きが残っていた。

二年も経てば、
ヒトも街も変わると云うモノだ。

こんな文章だ。





水商売を始めた。

なるほど、文字通り、水商売だ。
どこかの本のタイトルで云うならば、
100円のコーラを1000円で売るような商売だ。

勿論、がつんと初期投資もあるし、
最初から順風満帆な経営とは行く筈もない故、
お店への更なる投資は別として、
そもそも、兎も角、
私生活は切り詰めなくてはならない。

有難いコトに、
「他所でお金を落とすなら」なんて、
わざわざ来店してくれる友人がいる中、
ましてや、まさか、
僕自身が外食なんざは躊躇われるし、
何より、そんな、好意の友人から、
対価とは云えど、金を取るのは、
正直、抵抗がある。

誰かが云うように、僕自身思うように、
僕は、きっと、おおよそ、
商売には向いてないのだろう。
いつか慣れるのだろうか?
いつかなれるのだろうか?

でも、そう、
カウンターの中から眺める景色は、
楽しく酔っ払う人々を、素面で眺めてる、その景色は、
なかなか、素敵なんだなー。

 

f:id:TinyGarden:20160511142455p:plain