読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

短気な損気

楽々人生

冬の或る日、
仕事用のメールアドレスにメールが届く。
見知らぬアドレスからの手紙。
件名はない。

開封すると、
こんな文章がたった一行だけ綴られていた。

「カラオケ音源の、参加も大丈夫でしょうか?」

最近の携帯電話のメールソフトや、
SNS経由のメッセージなんかだと、
「件名」の入力欄自体が最初からない、
なんて場合もあるようだ。
それは知っている。

それにしても、短い手紙だ。
行間を読むにも、一行では行間もない。
だが、ふむ、私も大人だし、なにより妄想は得意だ、
よし、想像してみるコトにした。

おそらくは、記載の質問は、
毎月第一土曜に行っているオープンマイク、
に関する質問であろう。
うん、まず、間違いない。

ふむ、経営難なのだ。
お客様は神様だ、と、誰かが云う。
他分、おそらく、パーハップス、メイビー。
早速、返信を綴らねばだだばだ。

件名を入れ、
本文の先頭に、〇〇さまと、入れる。
名前は不明なので、メールアドレス+さま、とした。
一行空けて、本文に移る。
まずは、はじめまして、から始まり、
こちらの店名と個人名を名乗り、
ご連絡を頂いたお礼も入れての冒頭の挨拶。
そして、本題、質問内容に対する質問を入れる。
文末の簡単な挨拶を添えて、本文を終え、
また一行空けて、署名を入れる。

本文中の本題内容を、
「オープンマイクに関するご質問ですか?」
と、わざと一行で済ませ、
他のトコはわざわざ雲古丁寧~に、と、
手紙の礼儀へのイヤミが伝わる程度には、
書いた、そのつもりだった。

すぐに返信が来た。
ずぼらではないようだ。
やはり一行だけの簡潔なメール。

「はい、オープンマイクです」

ふむ、イヤミは伝わらなかったようだ。

名前は名乗らない主義なのか。
挨拶はしない主義なのか。
宗教上の理由か。
誰か大事な親族からの遺言か。

僕は静かに、
その手紙を、
暖炉にくべる。
 
♪ 冬のある日
♪ 言葉のない手紙がキミに届く
(メッセージ・ソング by PIZZICATO FIVE
 


A Message Song - Pizzicato Five