読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

Me And Julio Down By The Schoolyard

楽々人生

「いちげんさん」を拒むような佇まいの雑居ビル、
その6階でバーを始めて2年弱のある日、
その「いちげんさん」と思しき男性は入って来た。

いきなり、自らの顔を指差し、
「わかる?」と訊く男。

わからない、と、正直に答える。

長崎から、会社の慰安旅行で、
関西に来たついでに立ち寄ってくれた、
高等学校時代の同級生であった。

そりゃ、わからんでしょ。

過去の記憶が極端に脱落している僕でも、
彼とクラッシックギター部で一緒だったコト、
彼が部活ではウッドベースを弾いていたコト、
程度のコトは覚えている。
それらに纏わる具体的なエピソードが、
全くこれっぽっちも出て来ないだけだ。

昔の印象は、
ひょろりと細長くて少しだけ猫背の、
実際にも優しいヤサオトコ、
って感じだったのだが、
現在の彼は、
優しい柔和な雰囲気はそのままに、
何と云うか、どんと肝の据わった、
貫禄のある、頼り甲斐のある大丈夫、
と云う印象で、
なるほど、そりゃわからんわ、
も、やむなしである。

いい年齢の重ね方をして来たのだろうなー。

土産は、携帯電話用のストラップが4つ。
今時、ストラップ付けへんし、
しかも4つもいらんやろ。
完全にやっつけ丸出しやないかい。
そげんやけんが結婚出来んとさ。(笑)

そして、ラジオは、
知ったかぶりの(?)、
♪ Sunday Bloody Sunday

 

f:id:TinyGarden:20160511151126p:plain

f:id:TinyGarden:20160511151133p:plain