Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

行き当たり場当たり

加齢によるモノなのか、
所謂、親父ギャグ、駄洒落の類いの発言について、
注意を受けるコトが多くなった。

いや、でも、しかし、なんて、
まぁ、云い訳にしか聞こえないだろうけれども、
親父ギャグか否かはいざ知らず、
昔から、駄洒落は大好きなのだ。

いや、でも、しかし、
ふむ、確かに、昔なら、
「コレはクチにはせんとこ」レベルを、
云わずにおれなくなってたりはするかも知れん。
我慢が利かんのかも知れん。

いや、でも、しかし、それにしても、
加齢に伴うさまざまな衰えは日々痛感せざるをえない。

足を上げているつもりなのに上がってなくて、
少しの段差を分かって乍ら蹴躓くとかは日常茶飯事。
 
オソロシイコトに、最近、気付いたのは、
「行動が場当たり的」、になっている、のだ。

靴を買った
部屋で開封
靴箱に入れよう
靴箱が一杯だ
どれか捨てなきゃ
ゴミ箱に捨てる
ゴミ箱横の流し台に洗い物がある
洗い物をしなきゃ
手を拭く
手を拭いたタオルをそろそろ洗おう
洗濯機を回す
あ、トイレに行こう
あれ?何かしてる途中じゃなかったっけ?
思い出せない

部屋に靴は出しっ放し
靴箱の扉は開きっ放し
流しのタオルはなくなったまんま
洗濯機は回しっ放し
トイレの電気も消し忘れ

大丈夫か?
大丈夫なのか?

靴紐に苛立ちを込めて。