読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

ザベンザベザンもしくは雨のステイション

楽々人生

♪ 6月は~ ♪
♪ 蒼く~煙って~ ♪

と、いい声で唄っていたのは、
姫路の御曹司であったか。



えっ?
順子ちゃんは、今月、
誕生日だけて思とったら、
結婚記念日もやったとね。
おめでとうございます。
これで、又一つ、大切か日の増えたとたいね。



さてさて、
実家で数日を過ごしている。
二日以上滞在するなんて、
四半世紀振りであろう。

で、本題は、
実家のトイレである。
便座が上がっているのだ。

むむ?

実家には
僕と母親の二人きり。

ちなみに、僕は、
おぴっこもうんぽこも、
便座に腰掛けて排出する。

上がった便座を疑問に思いつつ、
便座を下ろし、用を足す。

そして、忘れた頃に、再び、トイレへ。

そして、再び、上がった便座に出会う。

…はて??
…母??
…訊けないぜ。




♪ 6月は~ ♪
♪ 蒼く煙ってなにもかもにじませている~ ♪

 

雨の長崎駅の線路は、その日、
豪雨により、水没したのであった。

 

f:id:TinyGarden:20160511153938p:plain