読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

家路

帰り道、家の近くの歩道で、
野良猫に給餌をしているヒトがいる。
深夜のコトだ。

何度か見掛けているが、
二人組で、給餌の後は、
ちゃんと周囲を掃除してから、
帰って行っている様子だった。
掃除には懐中電灯まで使っていた。

或る日の帰り道、
その二人組がぽつねんと立ち尽くしており、
猫さん達の姿も遠巻きにあり、
何か様子がいつもと違う、と、思っていたら、
おやおや、まぁまぁ、おやまぁまぁ、
ご近所さんに警察へと通報されていた。

「注意して、警察呼ぶよ、云うたら、
 ほな、待ってます、云うてるから、
 ちょっと、はよ、来て下さい。」
と、角(かど)の一軒家の玄関先に座り込んで、
その家のヒトと思しきおばちゃんが電話をしている。

うむ、あかんコトなのだろう。
生活者からすると、
糞尿・臭いの問題等、迷惑なコトも多いであろう。

僕は、するりと、通り抜けて、家路を急ぐ。
遠き山にとっくに日は落ちている。

はてさて、どうなったのだろう。
多分、警察が取り締まったりとか、
そう云う筋合いの話ではないのだろうとは思う。

その後、一週間程経過するが、
給餌をしている姿は見掛けていない。

猫さん達は、期待し続けて待っているのだろうか?
何事もなかったように、そんなモノやと、
新しい生活リズムへとシフトするのか?

いざや、楽しき、夢を見ん。
 

f:id:TinyGarden:20160511154838p:plain

f:id:TinyGarden:20160511154842p:plain