読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

倫敦・光臨g

※2005/3/18更新の記事より

  
神が降臨。
 
朝、目覚めて、まだまだ寝る気マンマンで、ゴロゴロしてたら、
歌詩が、珍しいコトに、メロディ付きで、脳裏に登場。
しかし、敗北、再度、入眠。
午後、車で出かける際に、珍しいコトに、
そのコト自体、そんなコトがあったコト、を、思い出す。
しかも、珍しく、8小節程の内容も、ちゃんと、復刻。
そのまま、車で、ずっと、頭の中を曲と歌詩を転がし紡ぎつつ、
帰宅して、メモ、ギター持って和音をあてて、メモ。
あらら、ほぼ、完成、後は詰めるのみ。
 
朝、目覚めて、まだまだ寝る気マンマンで、ゴロゴロしてたら、
途中で放り投げてた、リフ、の続きが、脳裏に展開。
しかし、敗北、再度、入眠。
午後、ギターを弾いてたら、珍しいコトに、
そのコト自体、そんなコトがあったコト、を、思い出す。
記憶を辿り辿って、イメージを、思い出す。
6拍子の、ほんのちょっとだけ変態なリズム。
イメージから、リズム、を、拾い、打ち込んで、
それを、延々、リピート&リピート再生。
歌詩は、ストックに、コレだ、ってのがあったので、
ギターをジャカスカと弾き乍ら、唄い乍ら、
言葉と、コードと、サイズと、で、シャッフル&パズル。
なんとなく、カタチ、になる。
 
二日連続。
何の神様やろ?
無宗教なのだが。