Tiny Garden の楽々人生

谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

空港待合室

年の瀬。羽田空港の国内線のロビー。 僕が歩いて行く前方、壁に書かれたフロアの地図をじっと見つめている女性、と、傍らに興味なさそうにつっ立っている男性。 そこまでにどんな経緯や会話があったのかは分からない。女性が男性に向けて声を荒げるのが聞こ…

デイドリーム

セブンイレブンのお陰で、だけではないのだろうけれども、すっかり日本国内では、もはや『忌野清志郎の曲』となった、「デイ・ドリーム・ビリーバー」。 勿論、そもそも、『清志郎』さん、ではなくあくまでも、建前的には、『ザ・タイマーズ』の『ZERRY』くん…

when i'm 51

51歳になる前日。 仕事を終え、帰宅した部屋で、一人で、自分の携帯電話に入った音楽をシャッフル再生して聴き乍ら、翌日の自身の弁当の準備やら恋人の珈琲の準備やらをしていた。 聴いたコトのあるようなないような曲が流れて来た。 佐野元春さんである。デ…

道も石もゴミもあき缶も

1990年、平成2年。日本の音楽シーンで、「ロックンロールだ!」と、言葉のチカラを信じられる音楽は、僕にとっては、筋肉少女帯、ニューエストモデル、と、森高千里、だけだった。 とは、云い過ぎか。 「道」と云う楽曲は、「ALONE」や「抱いて」と共に、楽…

ハーフポテト

レベッカのノッコ嬢のコトを「カッコいい」とか「スゲー」とか思ったコトはあったが「唄が上手い」と思ったコトは一度もなかった。 ごめんなさい。この動画のノッコは完璧。涙が出る。 プライベイト・ヒロイン / レベッカ REBECCA PRIVATE HEROINE~プライベ…

ミンカンイータック

友人の仕事の話である。 公共の仕事の委託業務を、下請会社の契約社員として、行なっていたそうなのだが、この度、彼女自身の契約ではなく「委託」自体の契約が満了となり、入札の金額で負けて更新ならず、別の下請会社へと業務を引き継ぐそうだ。 公共の仕…

パルコフィクション

映画館ではなく、家でビデオで見た映画。 ぴあ、か何かのショートフィルムだったか? おおわらいかいがんだぜ、って、三上博史のセリフだけ覚えてる。 インターネット検索で手繰り寄せると、「猫はよく朝方に帰ってくる」と云うタイトルで、「不可思議物語」…

![ai-ou]

堤ユキヒコさんの映画「![ai-ou] 」は、何故、DVD化されないのだろう。 マトモな世界の中から零れ落ちた取るに足らないような存在底辺であえぎ乍ら夢を見るチカラを信じる若者若者だったモノ達 の物語 映画の後半、とてつもなく幸福な瞬間があり、そして、…

マジカル・ミステリー・ウーパー

マイケルをぶった切った職場の上司、ナカタさん(仮名/女性)。 もうすぐ51歳の僕から見て、う~ん、50代半ば位だろうか?それOverかな?と云う印象を持っていた。 しかし、総合的に「ヨーダ」な印象に比べて、手肌がツヤツヤなのと、黒髪がツヤツヤなのが、…

ナカタさん

職場での昼休み、置いてあった新聞を開いていた。 テレビ欄を眺めていた僕に、「マイケル、気になるよね」と、職場の上司、ナカタさん(仮名/女性)。 そう、ソレを、たった今、僕は見ていたのですよ。 TVKにて、「マイケル・ジャクソン特集」、『幼少期から…

スーホの黄色い馬

真っ赤なトラックを見た。異様に鮮やかな赤。黄色い馬が付いていた。 フェラーリの運搬車だった。主張、強い、強過ぎる。

結婚するって本当ですか

女性プロゴルファーとして一時代を築いた方が結婚する、と、ニュースが云う。 街頭からの一般市民の祝福の声や感想の映像が挿入される。 二世を期待する、なんて声を平気で紹介してしまう無神経なニュース番組であった。 世間の声、だからと云って許されるも…

ズンダ

たむらぱんさんは「ズンダ」が好きだった。カバーもした。 『そんなことなら川崎市へ行こう』アイ ラブ TVK。 たむらぱん : そんなことなら川崎市へ行こう

ディズニーランドへ

僕が、パーカーを着ているたんびに、 「なんでリんゼヰさん殺したん?」 と、何度もしつこく訊いてくるとても不謹慎な友達がいる。 あかんと思う、ほんまに。知らんけど。

ドーラ

天空の城ラピュタを見ていた。もう何回目だろう。 ドーラが云った。「伊達に女を50年やってんじゃないよ」 まさかの同世代なのか?なかなかの衝撃じゃないか。 あぁ、もう今年にはフネさん、再来年には波平さん、追いついちゃうよ。

「なんにもする気がしない病」続く

自分のログを辿り、「なんにもする気がしない病」の記事を探す。 今年の9月末にアップしている。うーむ、罹患したのは9月初旬であったろうか? おそらくは、更年期の症状の一つなんだろけど、四ヶ月過ぎるも相変わらず何にもする気は起きない。 イヤ、たまに…

他人の空似 Part-3

世の中には同じ顔をした人間が三人いる、と云う。 ラジオを聴いていた。 あ、佐野さんの曲だ。一番新しいアルバムの……、と、思ったら、別の曲だった。 「インターナショナリスト」以上の笑撃ぢゃないか。 Rockin' the Suburbs / ベン・フォールズ Ben Folds -…

世界の終わり

映画、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を見に行った。 ミッシェルガンエレファントの「世界の終わり」を、アコースティックギターとボーカルの若い女のコ二人が、カバーする場面。 ギリギリの言葉達が彼女達の笑顔で増幅される。 アンプリファイアもな…

他人の空似 Part-2

世の中には同じ顔をした人間が三人いる、と云う。 ラジオを聴いていた。 初めて聴くのにどこか懐かしさを感じる。誰だろう。 と、思ったら、♪ I miss you ♪って云うてもうてるし。 そんなコトもある。 Honey / ボビー・ゴールズボロ HONEY (Lyrics) - BOBBY G…

A.D.2065

オンディーヌが来たなら伝えてよ2065年待ってたと キミはそう唄う 教えてあげられるんなら教えてあげたい さだまさしさんが「檸檬」だとか「飛梅」だとか「まほろば」だとか「空蝉」だとか文学的背景を仄めかして 要は「オレはインテリなんだぜ」なんてね 勿論あったか…

他人の空似 Part-1

世の中には同じ顔をした人間が三人いる、と云う。 ラジオを聴いていた。 あ、カエラちゃんの「BEAT」だ。民生ちゃんの曲だなー。あんまり売れなかったよなー。 と、思ったら、別の曲だった。 そんなコトもある。 The Church of Seduction / The Frauds The F…

空っぽの器

昔の記憶がない 古い記憶が薄い自覚はあった幼少期・学生時代の記憶実家のお雑煮の味付けや出汁 何も覚えていない 古い記憶だけかと思ったら最近の近い過去も覚えていない思い出せない ヒトはどのように記憶を辿るのだろう 聞いていればまるでビデオフィルム…

他人の空似 Part-0

プロフェッショナル、アマチュア、問わず、ミュージシャンが、うっかり、誰か他のミュージシャンの楽曲を真似てしまうコトはある。 憧憬・嫉妬・羨望なんかからの「あんな風な曲を自分も書きたい!!」が、まんまに出てしまってたり、やら、その他の単純な、…

モトとキヨシと武道館で

棚の中にしまってすっかり忘れてたDVDを見ていた。 佐野元春と忌野清志郎、バンドは THE HOBO KING BAND、武道館でのイベントでの共演。 バンドはまさに最高潮の時期。鉄壁かつスリリング。 栗原くんはいつも通り。 佐野さんは、特に声が出てない時期。と云…

華氏451

近所の消防署で「ふれあいフェスタ」。 近所の親子連れやらが集まり、消防車に乗ったり、消防士さんと写真を撮ったり、子供も(むしろ)親も楽しんでいる。 『華氏451』に出て来る「fireman」は、「消防士」ではなく「焚書係」であったが、そう、消防士と云…

551と王将のあいだには

友人のライブを見たその帰路の電車での出来事だ 冬の空に高く光る冷たいお月さまを背に駅へ急ぎ到着した電車に乗り込む 空いていた席に座った僕は次の駅からの刺客のコトなぞ予想もしていなかった 次の駅で右に551の蓬莱の紙袋を抱えた女性 その次の駅で左に…

South Of The Border

まだ4時半だぜ。 全六巻の長編小説を読んでいる。何年前だったろうか?文庫版を、ほとんど「一刷」で買ったのに、まだ読み終わってない。 戻って、読み直したり、放置して、戻って、読み直したり、放置して、を、繰り返し、ようやく、最終巻に辿り着いた。 …

Back in the K.I.X./Back in the H.N.D.

二月(昨年)の帰省の際に、実家の猫さんのトイレ改築をして来た。 年齢のせいなのか、おしっこが的外れになって来ている、と母は云う。 向かって左上方向に逸れる、と云うので、トイレ周囲三方にプラスチックパネルで壁を作り、逸れる辺りにペットシーツを…

ハロー・グッバイ/あの娘が結婚してしまう part:3

僕の大好きなあのコが僕の大好きなあのコと結婚した。 新婦が、新郎の音楽仲間である先輩ご夫妻と一緒に写った結婚式での4ショット写真をSNS上にアップして、「憧れのご夫婦」と、記していた。 …キミ達、コスプレ夫妻になるのか?

既知 ノ 外

新しい、未知の、沢山の音楽があるのに、昔の、既に知っている、聴き馴染み、お馴染み、の、好きな音楽ばかり、聴いてしまう。 それではあかんのや、いや、あかんコトはないねんけどどーせなら新しい知識・経験を積んだ方がいい、と、思うのに、である。 図書…