Tiny Garden の楽々人生

Tiny Garden 谷川和久が綴る 時系列を全く無視した 雑記(not 日記)の倉庫

2月22日

まぁ二月と云うコトで
 
 
♪ 新しいロックがやりたい
♪ だけど
♪ オレの考えた新しいロックは
♪ もう誰かがやってた
 
とは
グループ魂」の名曲である
(作詞:宮藤官九郎/2002年)
 
そう 僕もちょっと前に
「彼女の彼」と云う
オリジナル楽曲を公開したのだが
 
とっくに 2011年に
カエラちゃんが演っていた
そして当然だが
断然に格段に出来がいい
 
 
チ ョ コ レ ー ト
8EIGHT8」収録(2011/10/12)
(日本コロンビア株式会社)
木 村 カ エ ラ
作詞:kaela / 作曲:渡邊忍


チ ョ コ レ ー ト / 木 村 カ エ ラ



 
 
 
 
ちなみに
YouTubeに動画をアップした途端に
日本コロンビアさんから
瞬殺で著作権を抑えられた
すげーな(笑)
おそるべしサイバーパトロール
 
こんな動画作ってる間に
仕事探せってば ヽ(`Д´メ)ノ

豆つぶほどの小さないぬ

郵便物の不在連絡票が入っていた
 
届け先の記載は
「Live Bar Tiny Garden 谷川和久」
(※写真参照※)
 
空間認識能力が低過ぎて
枠内に収まると思っていたのか
或いは単純に
何も考えずに書き始めたら
先細りせざるを得なかったのか
それともまさかの
一番大事な情報は
「Live Bar」だと判断したのか
 
それにしても
ちょっとずつではなく
三段階での先細りと云うのが
なかなかやるなー
日本YouSay
 
ってか
単純に「受取人氏名」が
一番重要な情報ではないのか
 
豆つぶほどの小さな谷川
(マルシー佐藤さとるさん)

f:id:TinyGarden:20170217154824j:plain

染谷淳一はお好き?

GO-BANG’S
かつてのロゴやタイトルや歌詞
あの字体のほとんど全ての文字が
手描きだったとは知らなんだ
あーゆーフォントだと思ってた
今更なかなかの衝撃
 
その『GO-BANG’S』を
森若香織嬢が
ソロプロジェクトとして再始動
させたのは
単なる懐古趣味じゃなく
かつての栄光にすがるでもない
英断だ と 僕は思う
 
清志郎さんは
最初から最後まで
清志郎さんだったけど それでも
RCサクセション』解散以降は
所謂「『RC』らしい」楽曲作りは
避けて通ってたような気がする
本当のトコはわからない
そんな気がするだけだ
やがて ようやく
そんなカタチのない拘束から
解き放たれたような気がしたのは
本当の後期
『KING』以降だったように思う
全くの私感でしかないが
 
だから
森若嬢が現代に
「『GO-BANG’S』らしいステキなナニか」
を 新しく提供するのも
過去から引っ張ってくるのも
それは『GO-BANG’S』にとって
或いは少なくとも僕にとって
幸せなコトなのだ
 
森重くんが
「オレがいれば『乙|GGч』なんだ」
とか云っちゃえるのとか
大友くんの
一人で『八ゥソドドッグ』とか
とは全く別の種類の話である
多分 いや きっと
 
SHO-TA嬢が
『PEARL』の看板を
一人で背負って頑張ってた
のも また 別の話だ 多分
 
 
朝本浩文氏のご冥福をお祈りします
https://youtu.be/yEB6we7aluk
~Players~朝本浩文/谷信雄/立石和哉

 


ゴー2

 

 
https://youtu.be/fHuy5A-eVT4


BYE-BYE-BYE/GO-BANG'S

 

サンスター / ピンカラ・レディ

(Just like)モンスター
作詞:悪悠 / 作曲:徳螺俊一 / 唄:ピンク・レノン
 
 
JUSt LUCK この私のカワイイウタ
Just luck 守ってあげて
Just luck さぁオマエの出番なのよ
Just luck 版権だわ ワオワオワオ
 
勝手にコピーは困るから
ちゃんと申請して下さい
勝手にカバーも困るから
きちんと手続きして下さい
 
この世の中 いただけない印税が
うようよして 濡れ手に粟じゃないかしら
 
音楽業界 斜陽です 朽ちて往く
CDに特典付けて でも売れない
 
そこどけ そこどけ ソーラン
そこどけ そこどけ ヤーレン
ほうら ほうら ヤーレンソーラン
 
JUSt LUCK キミ達だけ関係ない
Just luck 大いばりでね
Just luck ライブバーも駄目じゃないの
Just luck お納めなさい
 
JUSt LUCK がきたぞ
Just luck がきたぞ
JUSt LUCK…
 
ヒトの楽曲演るからにゃ
音楽教室 逃がさない
ヤマ八と力ワヰ怒っても
小さいトコから巻き上げる
 
場末の店 見回りする
キビシ過ぎるその体質
真暗闇じゃないかしら
 
うちの店は オリジナルばかりです
誰もが熱い唄を作り 演ってます
 
そこどけ そこどけ ソーラン
そこどけ そこどけ ヤーレン
ほうら ほうら ヤーレンソーラン
 
JUSt LUCK この私のカワイイウタ
Just luck 守ってあげて
Just luck さぁオマエの出番なのよ
Just luck 版権だわ ワオワオワオ
 
JUSt LUCK 天下りで音楽業界
Just luck 大いばりでね
Just luck SNS駄目じゃないの
Just luck お納めなさい
 
JUSt LUCK がきたぞ Just luck がきたぞ
JUSt LUCK…
 
 
 
 
 
本日ご紹介するのは
1978年(昭和53年)のヒット曲
「(Just like)モンスター」
 
歌っていたのは
二人組の超人気女性アイドルグループ
「ピンク・レノン」
(Bちゃん:媚唯bie / Kちゃん:増田稽古)
作詞作曲は
黄金の「悪徳コンビ」によるモノで
(作詞:悪悠 / 作曲:徳螺俊一)
著作権の闇をコミカルに描き
テレビラジオでは放送禁止となるも
まさかの国民的大ヒットとなる
 
ピンク・レノンは この二年後
暗殺されてしまうと云う悲劇で
幕を閉じるコトとなるのだが
この作品の内容に遠因がある
とも噂されている
 

 
パロディ作品
「サンスター / ピンカラ・レディ」
も話題となった
 
https://youtu.be/pbzbLErFtX0


ピンカラ・レディー / サンスター

DANCE

さっきからずっと
順番を待ってる
 
と栗原くんは唄う
 
そろそろ次あたり
俺の番だろう
 
と中川くんは唄う
 
何かきっかえさえあれば
次は俺の順番だ
 
と甲本くんは唄う
 
ぼく もう まっぴらだよ
これからは来ないでくれないか
どこかで車をとめて
朝まで おやすみ、 さ

古い船を いま 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう

有線放送から聞こえてくる音楽
 
この唯一無二のオリジナリティ溢れる
サウンド / バンド・アンサンブルは
TOKIO」さんであろうし
この特徴的な節廻しや
独特な和音進行の音楽センスは
中島みゆきさんであろう
 
「宙船(そらふね)」以外にも
提供曲があったのか?
B面か?カップリングか?
 
TOKIO」「中島みゆき
Googleで検索してみるが
「宙船」しか出て来ないし
「宙船」のカップリングは
別のヒトの楽曲であった
 
はっ!
まさかっ!
 
一周廻って
吉田拓郎さんの曲だったりして
 
全く笑えないぞ(笑)
TOKIO」「吉田拓郎
で検索してみる勇気も出ない(笑)
 
 
後日に 何のコトはない
GoogleTOKIO」「中島みゆき」検索
の二頁目で情報を拾うコトが出来た
「宙船」の一年後の
中島さん提供第二弾であった
よかったよかった
やれやれである
 
しかし
一頁目には出ない位に
話題にならなかったのであろうか
 
そして 余談
中島さんはやっぱり
瀬尾さん一筋じゃなく
イロんなヒトに編曲頼んだ方がいい
スタッフもイエスマンばかりはいかん
とは私感である

黒猫はタンゴ

『寛平御記』by 宇多天皇
 
宇多天皇の日記に
「黒猫ラブ」丸出しの
記述が残っているそうだ
しかも溺愛隠蔽表現含む
愛しかないのに(笑)
 
興味のある方は是非ご覧下さい
  ↓  ↓  ↓
・わかりやすい簡略マンガ版

 http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/e/880bdda170dd3e8ebb3d598b0cfbe8b1

 (くるねこ大和 by くるねこ大和 様より)
・もちょっとだけ詳しい版

 黒猫愛でる宇多天皇(能楽の淵 by 柏木ゆげひ 様より)

 http://noh-and-kyogen.com/yononaka/neko/uda.html

 
猫好きには有名な話
と書いてあったけど
僕は全く知らなんだ
まだまだ勉強不足
 
♪ 稽古不足を幕は待たない
♪ 恋はいつでもJASRAC
(マルシー小椋佳さん)

ナインとボイン

無料通話アプリケーション『LINE』
そのテレビコマーシャルにて
『LINE』の発音が気になった

英語風の発音にしてたからなのかもだが
『ナイン(9)』『サイン』『パイン』と
同じイントネーションであった

大阪に住んでいる僕の周囲では
『LINE』は
『母音』『子音』『暖簾』と
同じイントネーションである(多分)

『彼氏』の
昔風(前者)と今風(後者)
とも同じであろうか

さて では
関東圏 或いは 標準的には
前者なのだろうか?

各地の友よ!
情報求む!
(ウソです)

サマーツアー

2016年7月10日(日)
心斎橋FootRock&BEERS
谷輪雅泰
 
ほとんどの多くの皆様には
全く馴染みはないでしょうが
ワタクシ
ガチャガチャしたギターだけでなく
しっとりと(?)指弾きのギターも
それなりに弾けるんですよ
時々コケてますが(涙)
 
2007年4月の
心斎橋某所での初対バンから
間もなく10年!(えっ!?)
2015年10月より
谷輪さんの唄の傍らで
ギターを勉強させて頂いております
 
待て!次回!


谷輪雅泰 with 谷川和久

バッタ奇譚

友人のマンションを
訪れた時のコトだ
 
ショウリョウバッタが一匹
9階の踊り場の壁にいた
 
近所の子供が連れ込んだのか
理由は分からないが
壁にぽつねんと張り付いている
 
好きでそこにいるのなら
それで全くカマわないのだが
何かワケありな気がして
ひと奮闘して捕獲して
一階まで降りて
緑のあるトコロで放した
 
数時間して
友人の部屋から帰る時
ドアを出て暫くのトコロに
又しても
一匹のショウリョウバッタ
 
近所のガキども
何匹バッタ逃がしとんねん…
 
と思いつつ
再び捕まえようとしたが
壁だらけだった踊り場とは違い
開放的な廊下では
逃げられてしまった
 
遥かに飛んで行く
ショウリョウバッタ
 
大丈夫なのか?
キミの飛行能力は
9階からでも
着地出来るのかい?
 
僕の不安をよそに
バッタはひたすら水平に
空を翔けて往く
 
力尽きたりしないよね
ちゃんと辿り着けるよね
仮面ライダー
バッタがモチーフだもんね
強いんだよね
 
考えたトコロで
覆水盆に返らず
やむなし
僕は帰路についた
 
 
後日
この話を友人にすると
 
「いやそれってもしかして…」
 
 
 
そのバッタは
そもそも9階がおうちで
パパもママも兄弟もいて
たまたま一人のトコロを
僕に見つかって
ワケの分からん地上に降ろされ
その後 苦労に苦労を重ねて
道を尋ね歩き
ようやく探しあてて
9階の我が家へ帰還したトコロを
再び僕に遭遇し
「あ!あいつや!
あいつに捕まったら
変なコト行かされる!」
とパニックになり
逃げてしまったのでは
 
 
 
と云うではないか
 
同じ個体!?
そんな発想!?
 
だとすれば
良かれと思って僕は
何て非道いコトを
してしまったのだろう…
 
マルコなのか
ハッチなのか
分からないが
赦して欲しい
 
♪ はるか~草原を~ ♪
 
 
 
 
<全くの余談>
 
ショウリョウバッタ
大量にいたらそれは
ショウリョウバッタではなく
タイリョウバッタなのだろうか
 
いえ違います